歯周病治療

歯周病治療

歯の周囲の歯茎や歯槽骨などの組織の細菌感染症のことを歯周病といいます。
歯周病は血液を通じて様々な臓器に細菌が広がることで全身の病気に発展し、健康寿命を脅かす危険があるため、適切な治療を行う必要があります。
歯周病の原因となるのは歯の表面に付着する歯垢(プラーク)や歯石です。歯周病の症状は2つに分けられ、歯茎の炎症によって出血や腫れが起こる歯肉炎と、歯を支える歯槽骨が破壊されてしまう歯周炎があります。一般にも広く知られる歯槽膿漏(しそうのうろう)とは、成人性歯周炎のことを指しています

このような方は歯周病治療をオススメします

  • 歯磨きをした時によく血が出る
  • 歯茎が腫れている気がする
  • 歯の間によく食べ物が詰まる
  • 朝起きた時に口の中がネバネバする
  • 繰り返し歯石が付着している
  • 口臭が気になる
  • 若々しいお口元を維持したい
  • 全身疾患を予防したいと考えている

歯周病について

歯肉炎

歯肉炎歯周ポケットの深さ:3mm以内
歯周ポケット(歯と歯茎の境目の溝の深さ)に虫歯の原因となる細菌が溜まることで炎症を起こしている状態です。
歯肉炎になると、歯磨きの際によく出血するなどの症状が見られます。

軽度歯周炎

軽度歯周炎歯周ポケットの深さ:4mm〜
歯を支える顎の骨が溶け始めている状態で、歯磨きの際に出血するだけでなく、歯茎が腫れたり、冷たい物がしみたり、口臭が強くなるなどの症状があります。

中等度歯周炎

中等度歯周炎歯周ポケットの深さ:6mm〜
歯を支える顎の骨が半分ほど溶けてしまった状態で、歯を押すとグラグラします。歯茎の腫れ、出血の他にも口臭が強くなったり、歯が浮いているように感じるなどの症状があります。

重度歯周炎

歯周ポケットの深さ:8mm〜
歯を支える顎の骨が三分の二以上溶けてしまった状態で、歯が酷くグラつきます。歯茎が下がってしまったことで歯の根が露出してしまうため歯が長く見えたり、歯と歯茎の境目から出た膿によってより口臭をきつくしてしまうなどの症状があります。
この状態で治療を行わずに放置すると、最終的に歯が抜け落ちてしまう可能性があります。

歯周外科

歯周外科について

歯周外科について軽度の歯周病であれば、歯磨きなどの基本的な治療をしっかりと継続することで完治させることが出来ます。しかしながら、歯肉、骨、歯根膜、セメント質など歯周組織が破壊されるほどに歯周病が進行してしまっている場合、修復や再生のために外科的な処置を行わなければいけません。
歯周ポケットが深くなっている重度歯周病は、歯周ポケットの奥の方に歯垢や歯石が付着してしまっています。また、不良肉芽(線維化が十分でなく水腫性で出血しやすく、歯周病の治癒を阻害する肉芽のこと)や壊死セメント質も炎症の原因となっています。
しかし、通常のスケーリングなどでは歯周ポケットの奥深くに存在するそれらを除去することが出来ません。歯肉を切開し、奥深くに付着した歯垢や歯石、炎症を引き起こす原因となっている組織を除去する必要があるのです。原因をきれいに取り除いたら歯茎を元の位置に戻し、縫合を行います。このような手術を行うことで深くなってしまった歯周ポケットを無くすことができ、歯肉や歯を支える骨が健康な状態を取り戻していきます。

プラークコントロール

歯ブラシを使ったブラッシング・歯磨き

歯ブラシを使ったブラッシング・歯磨き最も基本的なプラークコントロールの方法で、歯ブラシによって歯垢(プラーク)を除去します。力を入れすぎてしまうと歯ブラシの毛先が広がるだけできちんと歯垢や汚れを落とすことが出来ないため注意が必要です。力の入れ方以外にも、歯ブラシの持ち方、動かし方などのコツがあります。上手に歯垢や汚れを落とすことができるブラッシング方法の指導を行います。

歯間ブラシやデンタルフロスを使ったブラッシング

歯間ブラシやデンタルフロスを使ったブラッシング歯ブラシだけで落とすことが出来ない歯と歯の間の汚れは、歯間ブラシやデンタルフロスを使って落とします。歯間が広い部分には歯間ブラシ、狭い部分にはデンタルフロスや糸ようじを使うと有効です。どちらも正しい使い方をすることが大切です。

定期的なメンテナンス

定期的なメンテナンス歯科医院で歯に付着した歯垢、歯石、着色などの汚れを落とし、再び汚れが付着しにくい環境に改善し、小児にはフッ素塗布によって歯質の強化を行います。毎日丁寧に歯を磨いているつもりでも、磨き癖などによって汚れが残りがちな場所が出てしまうことがあるため、36ヶ月に1回、歯科医院で定期的なメンテナンスを行い、お口の健康を保つことをお勧めいたします。

生活習慣の改善

活習慣の改善ダラダラと食事や間食を続けることはお口の中の細菌にエサを与え続けるとの同じことで、歯垢が増加しやすくなります。また、意識して食事の際に噛む回数を増やすようにすると、唾液の分泌量を増やすことに繋がります。唾液の量が少なくなると食べ物がお口の中に残りやすくなってしまうのです。普段の生活習慣を見直せば、大幅にお口の中の環境改善が行えることもあります。

TEL.047-047-712-1010
一番上に戻る
TEL.047-712-1010
おごし歯科

〒270-2213 千葉県松戸市五香 7-66-1(ベルクス五香店 別棟)
047-712-1010

診療時間 日・祝
9:00~13:00 -
14:30~18:30 -

※休診日:日曜・祝日 ★:土曜日14:00~17:00

■アクセス:新京成線「五香」駅、徒歩15分
■駐車場:あり

グーグルマップはこちら

求人のお問い合わせはこちら