セラミック治療

審美歯科

審美歯科美しく整ったお口元に
歯が本来持っている美しさを維持し、咀嚼や健康状態などの機能性も重視した治療が審美治療です。
銀歯が見えてしまうのが気になるという方、自信を持って笑顔になれないという方には特にオススメです。患者様がこの先の人生ずっと素敵な笑顔で過ごすことが出来るよう、しっかりとご要望にお応えした治療を行っていきます。

このようなお悩みはございませんか?

  • 白い歯になりたい
  • 歯肉が黒ずんでしまっている
  • 歯の着色や黄ばみが気になる
  • 詰め物や被せ物の色が気になる

セラミック治療

セラミック治療セラミック治療とは、削った歯を白いセラミックで補う補綴治療のことです。保険適用外の素材を使うため治療費は高くなるものの、ホワイトニングよりも思い通りの白さを実現することができ、歯並びや歯の形を良くしてお口元の審美性を向上させることが出来るなど多くの優れたメリットがあります。
以前は虫歯治療を行う際に高い審美性を持つセラミックを選択される方が多くいらっしゃいましたが、近頃では、過去に保険適用内の銀歯や銀色の詰め物で治療した部分をセラミックに取り替えたいという患者様が増加しています。
中でも女性の方が多く、会話の際に銀歯の部分がギラギラ光って見えてしまったり、銀歯が変色して黒くなったことで虫歯のように見えてしまうのが恥ずかしいと感じていらっしゃるようです。
歯の色や黒ずみが気になるあまり、お口元を隠すようにして会話をされたり、笑う時もなるべく大きく口を開けて笑わないようにしているという方は少なくないのではないでしょうか。そのようなお口元のコンプレックスやお悩みは、セラミック治療を行うことで解決することが可能です。是非お気軽に当院までご相談ください。

銀歯のデメリット

デメリット1…汚れがたまりやすい

セラミックと比較し、銀歯は周囲に汚れがたまりやすく、隙間から再度虫歯が生じるリスクが高くなります。その場合、より虫歯が深くなれば神経を取る根の治療が必要となってしまうこともあります。

デメリット2…見た目が不自然

未だに詰め物に銀歯を使っているのは歯科先進国の中で日本だけだというのはご存知でしたでしょうか?白い歯列の中にある銀歯は治療痕だと主張しているかのようで、非常に不自然です。

デメリット3…歯と歯茎の間の黒いラインが見える

加齢や過度な歯ブラシの圧により歯肉は後退していきます。土台に金属を使用すると、歯肉のラインが後退した時に金属部分が歯と歯茎の間に黒いラインのように見えてしまうことになります。

デメリット4…歯茎が黒ずむ

お口の中にある金属は、長年使用し続けることによりイオン化し溶け出してきます。すると周囲の組織に金属イオンが付着し、歯肉が黒ずんでしまうのです。

デメリット5…金属アレルギー

金属イオンが溶け出すとお口から体内に入り込んでしまいますが、それが金属アレルギーを引き起こす原因となります。原因不明の肌荒れ、かゆみの原因が実はお口の中の銀歯だったそんなケースが実は多いのです。

審美性も機能性もオススメなのはセラミックです

審美歯科において、今一番美しく高い耐久性を誇るのがセラミック(陶材)という素材です。天然の歯に近い美しい透明感があるだけでなく、周りの歯に合わせて歯の白さを調整することも可能です。それだけでなく強度もあり、高い耐久性を持っています。金属を一切使っていないため、上でご紹介したような金属特有のデメリットも存在しません。

セラミックを使用するメリット

セラミックを使用するメリット

  • 天然歯と比べても遜色ない高い審美性
  • メタルフリー素材のため金属アレルギーを引き起こす心配がない
  • 歯肉が黒ずんだり、黒いラインが出てしまうなど見た目に不自然さを与えない
  • 耐久性に優れ、長持ちする
  • 汚れがつきにくく、虫歯や歯周病リスクを低減で
TEL.047-047-712-1010
一番上に戻る
TEL.047-712-1010
おごし歯科

〒270-2213 千葉県松戸市五香 7-66-1(ベルクス五香店 別棟)
047-712-1010

診療時間 日・祝
9:00~13:00 -
14:30~18:30 -

※休診日:日曜・祝日 ★:土曜日14:00~17:00

■アクセス:新京成線「五香」駅、徒歩15分
■駐車場:あり

グーグルマップはこちら

求人のお問い合わせはこちら